庶民のあこがれ

マネークリップです。

カバンからサッと取り出し、ピッと払う。
映画なんかで、たまに見かけますよね。
女優さんが、カバンから100ドル札の束を挟んだマネークリップを取り出す。

庶民にはなかなかハードルが高いです。
まず、そんな大金を用意できません。
用意できても裸でマネークリップに挟むというのは抵抗が大きい。

でも、この雑貨には、庶民にもうれしいメリットがあります。
それは、かさばらないというメリット。
いや、かさばりようがないというメリット。

薄くシンプルに使おうと思っていた革財布が、1年も経つとカード類ではちきれんばかりにパンパンになっていたという経験。
みなさんにはありませんか?
こんなシンプルなマネークリップならば、そんな心配は無用です。
だって、挟みようがないんですもの。

残るは挟むお金の問題。
1万円札は大金だし使いづらい。
実用性と精神衛生面を考えて、千円札を20枚ほど挟むというやり方はどうでしょうか。

ポケットやバッグからさっと取り出して、スパッと抜き出すとかっこいいかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

return top